読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロ野球自己分析

プロ野球を自分なりに分析してみるブログです

北海道日本ハム分析 

評価 先発B 救援A 打線B 守備A

今回から12球団を分析する。

<先発> 大谷、有原、高梨、メンドーサ、エスコバー、加藤、村田

昨年はリーグ2位の防御率を記録した。大谷高梨有原の若き三本柱は未知数な部分もあるが強力。一方、オフに吉川を放出、バースが退団したが日本ハムが予想外であったのは増井のリリーフ再転向か。大谷有原高梨が中心になるだろうが彼らに続くのは昨年不安定だったメンドーサ、2年目の加藤、未知数のエスコバー、村田であり枚数不足感はある。若手の上原や石川の台頭、上沢らの復活が不可欠か。

<リリーフ>谷元、マーティン、増井、宮西、石井、白村、井口、鍵谷

昨年リーグ1位の防御率を記録。量、質ともに12球団ナンバー1といってもいい。今年は増井の再転向もあり抑えは未定だが増井のWBCの影響を考えれば開幕はマーティンか。宮西、谷元の年齢を考えれば白村や鍵谷には一皮むけてほしいところだろう。

<野手>

捕大野 一中田 二田中 三レアード 遊中島 左西川 中大田 右岡 指大谷

野手も非常に高いレベルを誇る。守備は鉄壁で穴がない。注目は陽の抜けたセンター。当初は岡をレギュラーにすえライトには近藤を起用するとみていたが現在近藤は二塁手に挑戦しておりセンターの有力は大田である。ただし近藤が二塁手に苦戦しており大田の活躍も個人的には難しいと考えるので最終的には先述の様な布陣になるのではないか。

一方西川、大谷は昨年できすぎ感もある。中田の復活などで補いたい。

問題は層の薄さで特に内野は代えが効かない。昨年は内野陣の怪我がほとんどなかったが今年はどうか。

<総合>

若いチームで昨年優勝しただけの力はある。一方で昨年は選手個々の成績ができすぎ感もあり今年は真価が問われる年になりそうだ。

<a href="http://blog.with2.net/link.php?1898709">人気ブログランキングへ</a>

初めに

このブログは僕が自分なりの意見でプロ野球を分析するブログです